||   WINGS Without ME / ぼくにない翼   ||


八月、ぼくは空を見上げていた。片手を額にかざすと、一羽のハヤブサが熱風の渦巻く大空へ舞いあがるのが見えた。 高く高く、ハヤブサは弧を描きながら舞いあがり、やがて鋭い泣き声を残して空の彼方へ消えてしまった。
   ぼくはふいに、とり残されたような空しさを感じた。「おまえはどうして、ぼくを置き去りにして飛んでゆくの?」とぼくは低くうめいた。 するとぼくの魂が答えた。「ハヤブサの生きかただけがすべてじゃない。おまえはの心は、どんな鳥にも負けないくらい自由だ」と。 目を閉じると、ぼくの魂は肉体を離れ、ハヤブサと同じくらい空高く弧を描いて舞いあがった。やがて魂はハヤブサを越え、気がつくとぼくは地球を見下ろしていた。けれど、やはり何かが違う。この冷たさは、この寂しさはいったい何だ?

ぼくを置き去りにして、おまえは飛んでいった」とぼくの心が言う。「愛のない自由なんて、いったい何の意味がある?」。ぼくはすぐさま、病気で寝ている子供のベットに駆け寄り、子守唄を歌ってあげた。子供は微笑みながら眠りに落ち、するとぼくの心は肉体を離れ、ぼくの魂と一体となって地球の上を回りはじめた。ぼくは自由で愛に満ちあふれていたが、それでもやはり何かが違っていた。
   「ぼくを置き去りにして、おまえは飛んでいった」とぼくの肉体が言う。「おまえはただ、空想で飛んでいるだけさ」。そこでぼくは、それまで見向きもしなかった本をかたっぱしから調べ、ほんとうに空を飛んだ聖人の話を読んだ。インドで、ペルシャで、中国で、スペインで(それになんとロサンゼルスでも!)、魂の力が心だけでなく肉体の細胞ひとつひとつにまで届いた例が見つかった。「あたかも巨大なワシに持ちあげられたかのように、無我の感覚によってわたしの体は宙に浮かびあがった」と、聖テレジアは語っている。

ぼくはこの驚くべき神業を信じるようになり、ようやく深い孤独感から開放された。ぼくはハヤブサになり、子供になり、聖人になった。ぼくの目には彼らの生命がひどく神聖なものに映り、真実が見えてきた。すべての生命が聖なるものに見えたとき、人は誰でも翼を持つのだ、と。