||   mother / 母   ||


何層代もかけて ぼくは胎内ではぐぐまれ
ひっそりと 形づくられ
どこまでも はてしない宇宙の中で
このすばらしい地球に迎えられて
運命の八月の朝
あなたの体から生まれた
あなたは 温かい愛で命の種を養育し
その身に受ける苦しみを すこしも気にとめず
その身におよぶ危険を すこしもかまわず
この孤独な旅人を産む決心をしたのだった

虹 雲 はてしない青空
空高く飛ぶ 美しい鳥たち
あなたはさまざまな破片から ぼくの肉体を作りあげ
さまざまなものから ぼくの魂を作りあげた
愛しい母よ あなたはぼくに命をくれた
あなたがいれば 争いも喧嘩もない
あなたはぼくに 喜びと安息の地を与え
わが身をかえりみず ひたすらにぼくに愛を注いでくれた
ぼくが この世界を変えることができるなら
それはあなたが教えてくれた さまざまな感情のおかげ
あなたの慈愛は 限りなく優しい
ぼくはあなたの どんな小さな感情も察することができる
あなたの どんなささいな気持ちも感じることができる
あなたは 不思議な愛の力をもっている

今ぼくは あなたのもとを遠く離れて
あらゆる国の王や権力者に会い
さまざまな感情 さまざまな欲望をもつ
あらゆる肌 あらゆる宗教の人々と出会ったけれど
心はいつも 星がきらめくあの夜に戻る
あなたは教えてくれた
どんな力や権力も恐れず 立ちあがり 闘うことを
正しいことと 間違っていることを
ぼくは 片時も忘れたことはない
あなたがくれた 大切なものを
ぼくは忘れない あなたのキスのひとつひとつを
あなたの優しい言葉を ぼくはけっして忘れない
どんなに遠く離れていても
愛しい母よ あなたはいつも ぼくの心のなかにいる